家庭教師 比較

MENU

まずはセンター経由で

家庭教師を選ぶのはなかなか大変です。
ですが、まず家庭教師を頼むのが初めてなら
直接ではなく家庭教師センターを通すのが良いでしょう。

 

第三者が仲介してくれる方が
先生との相性が悪くても交代を頼みやすい
いろいろと相談にも乗ってもらえますからね。

 

 

ただ、その際に多くの方はどのセンターを
利用すべきなのか迷ってしまうはず。

 

家庭教師はつまるところいい先生に
当たるかどうかで良し悪しが決まるので
家庭教師センターの違いってわかりづらいんですよね。

 

なので、まずはデメリットが多い
家庭教師センターを避けてから

じっくり比較することをオススメします。

こんなセンターは良くない

■バンバンCMしている
どことは言いませんが…TVCMを流せるということは
それだけ広告にお金をかけているということ。

 

その広告費をどこから捻出しているのか?
月謝が他社とあまり違いがないならば
明らかに人件費を削っています。

 

そのようなところでは先生の月謝も安く
それがモチベーションにも関係しますし、
スタッフのフォローも手が回らないことが多いです。

 

 

 

■教材販売とセット
一見月謝が安くても、教材は指定のものを使う。
これは教材で利益を上げる手法です。

 

必ずしも悪いとはいえないんですけど、
その教材が優秀なものであれば
普通に市販しても売れると思いませんか?

 

少なくともその教材費がかなり高ければ
売れない教材を高く売りつける営業を
家庭教師にやらせている
ものと考え
警戒したほうが良いと思います。

 

 

このタイプの家庭教師センターは
月謝を直接家庭教師に手渡すタイプが多く
それである程度の見分けはつけられます。

 

 

 

■料金体系が不明瞭
体験1ヶ月だけ安いとか、入会金等について
記載が全く無いとか、60分単位等の
短い指導時間の料金記載だとか・・・

 

たいてい胡散臭いセンターの料金は
色んな所で加算してくる気満々です。

良いセンターは?

ではこのような地雷的要素を除いて
残ったセンターはというと、だいたいが
似たような料金体系になっているんですね。

 

そのなかでいかに良い先生が多く
登録されているセンターを探すか
そこが重要になってくると思います。

 

それを見分けるには、先生側の事情を考えれば良いです。
時給が1500円のところと2500円のところでは
当然2500円の方がスキルもモチベーションも
高い先生が多いと考えられますよね。

 

 

なので、家庭教師募集の求人広告を見て
時給がわりと高めなところは、かなり良さげです。

 

もちろん先生の時給が高い
=こちらの払う月謝も高い、となりやすいですが
その差が少ないところが良心的と言えます。

 

それである程度見切りをつけてから
体験授業を受けてみて決定、というのが
確実な比較方法ではないでしょうか。